タイプ別おすすめゲレンデ


はじめに

ここでは、目的別おすすめゲレンデを提案してみます。

かなり個人的な感想なのでご注意ください(自分のホームグラウンドを推してるだけか)。

初心者グループにおすすめ赤倉温泉

初心者多めのグループにおすすめなのは、赤倉温泉スキー場。

赤倉温泉スキー場の公式サイト


画像をクリックすると拡大

赤倉観光リゾート(超高級)ではなくて赤倉温泉の方です。

ここは、かなり大きなスキー場なのですが、ほとんどが初級コースのため、初心者でも適当にリフトに乗って移動してもどこでも滑れます。上の方にも行けます。

大きなスキー場では、麓のほうに初級コースが集中していて、上の方に行くと中上級コースだらけということも多く、初心者だとだんだん飽きてくるのですが、ここはそういうことがなく、初心者でもかなり広いスキー場をあれこれ移動しながら滑れます。

それに、どこのコースも狭くないので初心者でも安心して滑れます。

また、ちょっと寂れつつある温泉街で、今は外国人が多めですが、もともと大温泉街のためおいしいご飯と大浴場のある老舗ホテルも多くて、仲間でワイワイやるにもいい場所です。

脱初心者におすすめ妙高杉ノ原

初心者といっても2,3回行ってある程度は滑れるようになったら妙高高原杉ノ原スキー場がおすすめです。

妙高杉ノ原の公式サイト


画像をクリックすると拡大

ここは個人的に一番好きなスキー場であり、私の知っている限り本州でここのパノラマゲレンデほど大きなコースは知らない。

初級というか初中級で全長5キロ以上のコースが2本あり、1,2回目の初心者には地獄ですが、ある程度滑れるようになった初心者がレベルアップするには最適です。

ゴンドラで上がって後は、延々とロングコースを滑りっぱなしで、長く滑るといかに自分が力んで滑っているかがよくわかります。

また、ある程度滑れるようになったら、ストップアンドゴーを繰り返すより、とにかく距離すべる方が上手くなります。

ロングコースの途中にトイレとかはないので、まったく滑れない人がグループ内にいる場合はいかない方が吉。

特訓旅行におすすめ菅平高原

競技スキーをしていた人なら知らない人はいないスキー合宿のメッカが菅平高原。

菅平高原の公式サイト


画像をクリックすると拡大

ここは、スキースクールが20個以上存在し、3区画からなる広いスキー場です。

コースを決めて繰り返すというタイプの練習にちょうどいい感じのコースが多く、しかも、ストイックに滑っている人が多いイメージで、上手い人も多い。

もちろん、馬鹿でかいスキー場なので移動しながら滑っていくのも楽しいです。

もっとも、規模の割にパークは全然充実していないので、あくまで滑る特訓に向いてるスキー場です。

また、ここは、周りにスキー合宿などを受け入れるような旅館(修学旅行で泊まるようなホテル)しかないので、綺麗な宿とか凝った料理は一切期待できないのでカップルでの旅行などはあまりお勧めしません。

その分安いです。

なお、どの旅館もロッカールームはやたら充実しています。

雑多なグループにおすすめ斑尾高原

ここも楽しいです。

斑尾高原の公式サイト


画像をクリックすると拡大

一言で言えば、初級・中級・上級とバラエティに富んだコースが揃っていて、うまくバランスが取れています。

初級中心でほんの少し上級があるとか(赤倉温泉など)、その逆に上級中心でほんの少し初級があるとか(八方尾根など)のようなことがなく、初級から上級まで含むいろんなレベルの人が混在してるグループでも楽しめます。

しかも、共通チケットを買えば利用できるタングラムスキーサーカスもそれなりに楽しめます(やや初級よりですが)。

また、新幹線の飯山駅からバスで20分くらいで行け、ゲレンデの眼の前にホテル(斑尾高原ホテル)がありアクセスもいいですし、食堂も大きくてきれいです。

カップルにおすすめHakuaba47

カップルにおすすめはHakuba47&五竜の47側。

Hakuba47公式サイト


画像をクリックすると拡大

ここは2つのスキー場が一つ扱いになっているところで、リフト券は共通で、山の頂上はつながっていて、麓もシャトルバスで10分位で移動できます。

個人的に好きなのは47の方で、小さいですが、非常に落ち着いた感じの上品なスキー場です。

外資系のファンドが経営しているらしく、外国人が多めで、馬鹿でかいパークがあることでも有名なことから、上手い人が多いです。

ここの売りはのんびりした林間コースで、カップルでどちらか一方が初心者の場合など、まったりロングクルージングが楽しめます。

また、一番上が初級コースなので(迂回林間コースとかではなく)初心者でも眺めの良い景色を楽しみながら滑れます(途中から中上級コースと初級林間コースに分かれる)。

あと麓にあるピザ屋がおいしい。

なお共通チケットで行ける白馬五竜は、悪いスキー場ではないのですが、ふもとのスキーセンターの真ん前がメインの初級コースで、そこは1月下旬からは激混みなので要注意。

また、五竜は上の方に行くと結構難易度高くなるので注意が必要です。特に頂上で47と五竜はつながっていますが、五竜側を降りるのは初心者には結構厳しいと思います(五竜側からどんどん上がっても47側は初級者でも問題なく降りられます)。

ファミリーにおすすめタングラムスキーサーカス

ファミリーにおすすめは斑尾高原エリアのタングラムスキーサーカス。

タングラムスキーサーカスの公式サイト


画像をクリックすると拡大

ここの最大の売りはゲレンデ目の前にある東急ホテル。

苗場プリンスを少し小さくしてシンプルに充実させたような感じで設備は広くてきれいでばっちりです。

キッズスクールも充実していますし、託児室もあります。

また、スキー場自体もホテル目の前に超ワイドな初級コースがあり、子供などでも比較的安心です。

さらに、ある程度滑れる場合、斑尾高原スキー場とつながっていて、共通パスを買えば(ちょっと高いですが)2日じゃあ足りないくらい楽しめます。

終わりに

タイプ別のおすすめゲレンデを個人的な視点でまとめてみました。

なお、野沢温泉や苗場を入れていないのに理由はないです。両方とも素晴らしいのは知っています。

スキー・スノボ旅行選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク